Enjoy Bass Fishing

島根県在住のJBバスプロ柳楽祐樹が語る近代バスフィッシング!Qu-onプロスタッフ・サンラインプロスタッフ。製品情報から釣果情報まで満載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アーリーサマー・湯原Ver!

癒されにいってきました!

中国地方最大のビッグバスレイク・湯原ダム!!

IMG_0795.jpg

朝霧が幻想的で如何にも釣れそう~って感じですが、話に聞いていた状況よりかなり辛い一日でした。

シーズン的に考えれば、

上流。もしくは、ボディウォーターの当たる水通しの良い岬。等々

肝心な上流域は減水により水質含め死滅状態。

本湖の水通しの良い岬に絡む立木から入った訳ですが・・・。

テキサス無反応。

ダウンショット無反応。

スモラバ無反応。

トップウォーター無反応。

アフター系のバスが必ずいるハズなのにまったく反応が返ってきません。

そこでちょっとしたヒントから思いついたのが・・・

「チャターベイト」

天候が曇りor雨(気圧配置的に)だったため、バスが浮き気味だと予測し、横の動き(一定レンジトレース)+リアクションって考えでチャターをチョイスした訳ですが。

これが激ハマり!!!

IMG_0810.jpg

コンディションは痩せ気味で見るからにアフターって感じのバスですが、今までが嘘のようにガッツリと食っています。

このバスの他にも如何にもって感じの立木を打っていけば、ほぼ高確率でメガバイト!

どんな場所かというと・・・

IMG_0796.jpg

ハードボトム+急深ってのもキーワードだったように思います。

チャターベイトに使ったタックルは、

ロッド:トリックスター TSC-68MH
ライン:FCスナイパー12lb


これで釣れることが分かったので、次にこんなのを試してみました!

IMG_0813.jpg

江口さんが釣りビジョンの「弾丸バスボーイ」でやっていた剣玉リグ

デリシャスシャイナー3”エグジグワッキーヘッド1.3gの組み合わせ。

ロッドは・・・TSS-511ULS

ベイトフィッシュが絡む立木をメインに狙っていくと、剣玉リグの中層スイミングで楽々ゲット!

IMG_0812.jpg

TSS-511ULSは正式サブタイトルがタフタイムブレーカーですが、個人的にはミドストスペシャルって使い方もオススメです。

ストレート刺しにした小型シェイプワームの中層スイミングに絶大な使用感をもたらし、掛けた後も楽勝!

お昼も過ぎると天候が回復し、晴れ間が見えてきたので、先取りで作戦変更!

次は、デュナミスSCシリーズのDNCC-601UL-As(ベイトフィネスVer.2)に持ち替え、立木の根本撃ち!

気圧の変化に伴い、バスがポジションを変えたと予測した為ですね~。

狙う場所は、午前とまったく同じ。違うのはレンジと誘い方。

これまた一発で読みが的中して、連発モード突入!

IMG_0799.jpg

ロッド:デュナミスSC DNCC-601UL-As
ライン:FCスナイパー7lb
ルアー:アンクルゴビー3”+3.5gショートリーダーダウンショット


40UP粒揃いでひたすら釣れ続きました・・・。

なんだか久々に本当のパターンってものに巡り合った気がしました。

話は戻り、ベイトフィネス!!

一見イメージではシャローで生きるメソッドのようにも思われますが、今回打っていた立木の根本は5m~8m!

今までそれなりにライトなリグで立木の根本を狙おうと思っても精々スピニングでは4lb程度。

5~6lbでも良いけど、スピニングでは扱いづらい。

そんな問題点を全て払拭できます。

もはやスピニングに近いまでの操作性を兼ね備え、割と太めのラインで軽いリグを落としていける。

立木って見た目以上に水中で枝が伸びているため、細いとだとすぐに巻かれてラインブレイクってことになり兼ねない。

現に今まで自分がそうだったから。

じゃあ、めちゃくちゃ太いラインでヘビーロッドでやれば良いってものでもない。

今回はかなりの本数を掛けて、一本もバラし&ラインブレイク無しでランディング。

更に言うと、余裕のランディング。

またしてもこの竿には僕自身も驚かされました。

そんなこんなで、やりきった感じで満足だった為、夕マヅメは次にお預けして帰宅~。

次はいつ来れるかわかりませんが、来週のJB2東条湖第二戦に向けて調整に入ります!!

スポンサーサイト
  1. 2011/07/04(月) 00:09:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Bass Fan CUP in 弥栄ダム | ホーム | 結果。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://11911191.blog49.fc2.com/tb.php/438-44f6ef6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。