Enjoy Bass Fishing

島根県在住のJBバスプロ柳楽祐樹が語る近代バスフィッシング!Qu-onプロスタッフ・サンラインプロスタッフ。製品情報から釣果情報まで満載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

EGUJIG WACKY HEAD

前記事でもちょこっと触れましたが、遂にリリースされました!

EGUJIG WACKY HEAD

IMG_0770.jpg

価格は \550(税別) です!!

気になるサイズは!!というと・・・。

1/64oz(0.4g) 5個入り

1/32oz(0.9g) 5個入り

3/64oz(1.3g) 4個入り

1/16oz(1.8g) 4個入り

5/64oz(2.3g) 4個入り


どんな感じか気になっている方も多いと思いますので、参考までに・・・

↓  ↓  ↓  ↓

IMG_0775.jpg

僕の性格には似合わず丁寧な比較図を作ってみました!!笑

この商品については何も語る必要はないかと思います。

エグジグを使ったことのある方なら誰でも解るエグジグ譲りのハイレスポンスフックです。

ロッドは勿論ですが、フックやラインって魚と自分を繋ぐ唯一無二のアイテムな訳で、絶対に妥協できない部分。

そして、妥協してはいけない部分です。

フックは刺さりを重視し過ぎると、マテリアルが硬くなり折れやすくなってしまう。

フックに粘りを出そうとすると、マテリアルが柔らかくフックポイントがなめ易くなってしまう。

要は、折れても曲がってもダメってこと。

簡単に聞こえるけど、これを両立したフックってかなり少ないですよ!

その点、今回のエグジグヘッドもフックマテリアルは完璧ッ!!

・・・と、こんなことを書いたって皆さんお気づきだと思いますが・・・。

続いて、形状です。

拡大するとこんな感じ。

IMG_0781.jpg

「イメージだけでも伝われば!!!」と思い簡単にこんな図も作ってみました!

フックの形状には、魚がバイトした時からランディングするまでの一連の動作を考慮した形状が存在する訳です。

かなり変態チックな話になってしまっていますが・・・

僕が知っている中でもハリに関して気を使っている人って極僅か。

僕の場合、人と比べて魚をバラす回数ってかなり少ないです。

技術!?とかそういうのはよく解りませんが、間違いなくフックチョイスだけで獲れる魚の数は変わってきます。

後は、1/64oz(0.4g)というジグヘッドでは、なかなか目にしないウェイト設定。

今まで0.6gを使っていて、もう少し軽いウェイトが欲しいと感じていた方も少なくはないはずです。


そんなことも含め、今回のエグジグワッキーヘッドは、太鼓判を押してオススメできる一品です!

店頭で見かけたらた是非使ってみてください!
スポンサーサイト
  1. 2011/06/21(火) 01:37:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内職…。 | ホーム | 関東遠征~!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://11911191.blog49.fc2.com/tb.php/433-e6dce0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。