Enjoy Bass Fishing

島根県在住のJBバスプロ柳楽祐樹が語る近代バスフィッシング!Qu-onプロスタッフ・サンラインプロスタッフ。製品情報から釣果情報まで満載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春爆ガイドっ!!

ずっと前からガイドを依頼されていましたが、なかなか予定も付かず…。

ようやく行ってきましたッ!!

三寒四温から抜け、天候も安定し、ようやく春到来って感じです。

それに加え、潮回りは大潮…。

結果から行くと…ガイド大成功!!

ここまで型にハマることもなかなかありませんが…。

IMG_0726.jpg

まずは1本目。

スレッジ7のサスペンドにてゲットされた訳ですが、この一匹より割り出した答えが…。

デリシャスシャイナー3”の1/16ozダウンショット。

当然エリアもキモなんですけどね…。

その結果がこちらっ!

IMG_0728.jpg

普段は強気の釣りだけで押し切るというゲスト様ですが、今回はDNS-510ULSをお貸し致しまして…ダウンショットに挑戦して頂きましたっ。

続けて5・6本くらいは釣っていらっしゃったのではないでしょうか。

フッキングミスやバラし等も含めると…。

そんな中、僕にもっ!!

IMG_0727.jpg

ちょっと小振りですが、きれいなバスです。

やっぱり、キモはワームの比重

ハンポワ製法が故に可能にできる、絶妙な比重。

これが高比重ワームなら食って居なかったと思います。

比重が軽すぎて浮いちゃってもダメ。

比重が重すぎてすぐボトムに倒れ込んじゃってもダメ。

ダウンショットのリーダーの長さを最大限に生かした釣り方ですね。

しかし、こればかりやっててもスレて口を使わなくなっちゃう訳です。

そんなタイミングでウドゥン12”のジグヘッドワッキーを投入!!

すると、一撃でこのありさま・・・。

IMG_0729.jpg

ガッポリですわ。

まったくもって正反対に思えるこのワームですが、やはり比重という面では共通です。

IMG_0730.jpg

よく耳にするのは、「こんなに長くてフッキングは大丈夫?」とか「こんなに長くて食ってくるの?」等とよく聞かれます。

確かに長いです…しかし、生き物って捕食するときには頭(動いている場所)を狙って捕食します。

この場合、動いている場所とはフックがついている場所。

ワーム自体が細くて長く、柔かいマテリアルを使っているため、バスが吸い込んだ時にU字に口の中に入る為、ワームも丸まり難くフッキングもバッチリ決まります。

このワームをメインに釣りを組み立てるのは確かに難しいかもしてませんが、あえてマッチザベイトの概念から外してやることで活きてくることもある訳ですね~。

そんなこんなで、今回のゲスト様にも大変喜んで頂けましたし、春バス捕獲大成功だったのではないでしょうか!?
スポンサーサイト
  1. 2011/04/08(金) 02:10:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Dynamisステッカー | ホーム | デュナミスSC & トリックスター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://11911191.blog49.fc2.com/tb.php/404-fff1bb3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。