Enjoy Bass Fishing

島根県在住のJBバスプロ柳楽祐樹が語る近代バスフィッシング!Qu-onプロスタッフ・サンラインプロスタッフ。製品情報から釣果情報まで満載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タックルオブザイヤー・ロッド編

なんだかいろんな方のブログを見ると、みんな昨年のタックルオブザイヤー的なものを書いていたので、自分も便乗して…。

今回はロッド編ですね。

まー1年を振り返ってみれば、「勉強」と「ミス」この二言で締めくくられる1年だったように思いますね。

総体的にみれば、パッとしない1年でしたが、逆を返せば内容の濃い1年だったように思います。

さっ気張ってロッド編いきますよっ!!

まずは、当然のようにこの2本!





1.DNS-510ULS

2.DNS-510UULS


IMG_0652_convert_20110116205406.jpg

この2本は、持っている方皆の右腕となって活躍していることでしょう。

シチュエーションを選ばず、ハイパフォーマンスを披露してくれるQu-onのオールソリッドスピニングシリーズ。

JB2東条湖最終戦に白星を飾ってくれたのも、DNS-510UULSでした。

結構この2本は一緒に思われがちで、どっちか1本購入すればって思っている方が多いようですが、実際は言うまでもなくまったくの別物。

個人的な使い分けを紹介すると…。

510ULS→シャローゲームメインのスモラバ、ジグヘッドワッキー。

510UULS→ミドル~ディープのネコリグ、ジグヘッドリグ、ダウンショット。

って感じですかね。

あくまでも参考までにしてください。

状況によっては、更に使い分けますから。

タフっているときのオカッパリでは510UULSを使ったりもしますが、ハイシーズン中のシャローは510ULSって感じですかね。

ショートレングスでオカッパリには不向き!?という言葉もありますが、ショートレングスでも弾性が高い為、ロングレングスのロッドと同等?それ以上の飛距離を保障できます。

それに短くて足元のカバーをかわせないのでは!?と言われましが、これは人間のリーチの長さによっても影響されますし、実際のところ数センチの差ではそこまで変わらないと思いますし…。

これが7ftクラスのロッドなら話は変わってきますが、その分ライトリグを操る操作性は格段に低下します。

ってな感じでオカッパリにも最適!

買って後悔したって方はいないんじゃないかな。

今年からは、この2本はデュナミス・コンペティションシリーズとしてマイナーチェンジして再リリース。

DSCS-510XL-As

DSCS-510UL-As


として4月には初回出荷を迎えます。

気になっていて、未だ予約していない方はお近くの釣具屋さんでお早目のご予約をっ!!





3.DNC-600LS

IMG_0653_convert_20110116205443.jpg

これまた言うまでもなく、今年のベイトフィネスブームの立役者。

最近いろいろなブログに書いてあるので、詳しくは省略しますが、こいつも今年からデュナミス・コンペティションシリーズの一員として再デビュー!

後継モデルは、DSCC-600L-Asですので、よろしくお願いしますね。

今日はこの辺で…。

また次回はタックルオブザイヤー・ロッド編②を紹介します。

スポンサーサイト
  1. 2011/01/16(日) 21:44:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<またしても… | ホーム | スパイラルガイドについて…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://11911191.blog49.fc2.com/tb.php/383-a727e6da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。