Enjoy Bass Fishing

島根県在住のJBバスプロ柳楽祐樹が語る近代バスフィッシング!Qu-onプロスタッフ・サンラインプロスタッフ。製品情報から釣果情報まで満載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スパイラルガイドについて…

以前書いたスパイラルガイドの説明について補足です。

結論…スパイラルガイドは現代バスフィッシングには必要ない。という結論に達した訳ですが…。

ブログを読んで、Qu-onのボスからTELが!!!

いいところついてるけど、もっと単純明快に説明できるよ!と…。

説明を聞くと確かにわかり易かったので、ここで紹介します。

まず、スパイラルガイドセッティングは必要ないという結論に違いはありません。

魚をフックアップしてロッドにテンションが掛かり、ロッドとラインが擦れる状況は、以下の写真のようになると思います。

IMG_0656_convert_20110116205626.jpg

逆を返せばこの一点でしかラインとブランクスが干渉することはないってこと

魚を掛けてから、ランディングするまで、ずっとこの手首が伸びきった状態の人なんていないと思います。

魚がフックアップ出来れば、魚の動きに合わせてロッドワークで魚をいなす。

その時には、以下の写真のように自然と手首や腕を動かしていると思います。

IMG_0658_convert_20110116205728.jpg

IMG_0657_convert_20110116205657_20110116205903.jpg

よく見ると少しでも手首や腕の角度をつけると、必然的にラインとブランクスは当たらない。

もっとわかりやすく直線的に見ると、こんな感じ…。

IMG_0662_convert_20110116205759.jpg

物理的にあたるわけがない。

ってことで、スパイラルガイドである必要性がないってことがお判り頂けたでしょうかっ!

以上っ!




スポンサーサイト
  1. 2011/01/16(日) 21:19:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タックルオブザイヤー・ロッド編 | ホーム | 弾丸SW>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://11911191.blog49.fc2.com/tb.php/382-d761ae6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。