Enjoy Bass Fishing

島根県在住のJBバスプロ柳楽祐樹が語る近代バスフィッシング!Qu-onプロスタッフ・サンラインプロスタッフ。製品情報から釣果情報まで満載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Answer

皆さんから多く質問されることがありましたので、この場でご返答したいと思います!

スーパーコンペティション・トリックスター共にマイクロガイドセッティングを起用している訳ですが、「ベイトフィネスロッドは何故スパイラルガイドじゃないの?」ってものです。

これが一番多く聞かれることかな!?

当然理由はあります。

一言で答えるとアキュラシーを重視するベイトフィネスにはスパイラルガイドは不向きだからです

これだけじゃ解り難いので順を追って説明します。

まず、マイクロガイドの起用は以前にも述べた通り…

軽量化

アキュラシー向上

感度UP

糸絡み減少

操作性UP


等々、多くのメリットが存在します。

詳しいことは、前回のブログを見てください。

ベイトフィネスの特性上、ロッド自体は軽量ワームやルアーをキャストする為に、それ相応のしなやかさを兼ね備えていなければなりません。

それが故に、魚を掛けた後にラインがロッドと擦れる

物理的に考えてみれば仕方ないこと。

それを改善したのがスパイラルガイドセッティング。

まぁここまでは多くの方が知っていること。



では、なぜQu-onのベイトフィネスロッドがスパイラルガイドセッティングではないのか!?



皆さんスパイラルガイドを想像してみてください。

当然ですが、ブランクスに対してガイドが1周するように取り付けられ、それに伴いガイドにラインを通すとブランクスに対してラインが巻き付くようになります。

この為、レベルワインダー(リールの付け根)からTOPガイドまでのラインの長さはスライパルガイドの方が長くなります。


この辺で気付いた人が多いのではないでしょうか!?笑


ピッチングやフリッピングをした時、ルアーはロッドを振った軌道に沿って飛んでいきます。(オーバーヘッドキャストでもサイドキャストでも一緒。)

物理的にアキュラシーを向上させるにはブレを最小限にする必要がある。

当然、アキュラシーは人それぞれの技能によっては左右される部分なので、ここでは人為的な部分は除外して考えると…。

当然、真っ直ぐセッティングされているガイドに比べ、スパイラルガイドはラインが遊ぶ幅が大きくなり、アキュラシーは当然低下する。

その上、ブランクスにラインが巻き付いている分、感度は低下し、更に操作性も失うことになる。

確かにフッキングをした後の引き味とかって言ってしまえば、スパイラルガイドに分がある明解だが、個人的には、・・・・・・って感じかな。

これが僕的なAnswerですね。

魚を釣るために開発されたロッド。

だから魚を掛けてナンボ。


僕の心の中に残っている一言ですが、健在の某有名バスプロが僕に言った一言…。

「トーナメンターは魚を掛けてナンボ。獲れるか獲れないかなんて掛けてからじゃないとわからない。」

解釈の仕方によっては、「ラインブレイクされたら魚がかわいそう」とかって言われると思います。

確かに僕も魚の口にハリやラインを残すことがどれだけ申し訳ないことか重々承知していますが、魚を反応させられなかったら、その先はありません。

そのくらい極限的な領域に現代バスフィッシングは到達してしまっています。


しかし、デュナミスのオールソリッドスピニングシリーズで好評価頂いている30tカーボンを用いたオールソリッドブランクス。

Qu-on独自のこのブランクスで掛けた後も安心してランディングへと持ち込めます。

ラインブレイクを極限まで抑制してくれ、弾性の高く魚を瞬殺で弱らせるブランクス。

このブランクス在ってこそのガイドセッティング。

双方が融合したからこそ出来上がったロッドです。

質問がとても多かったことになりますが、ご理解いただけたでしょうか!?

スポンサーサイト
  1. 2010/12/29(水) 21:17:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。